縛られているのに感じちゃうパイパンロリ娘 りな147センチ

無料エロ動画 AVフリー! 縛られて感じるロリ娘土下座されて筆下ろし
土下座されて筆下ろし


小さい身体をした華奢な少女はおっぱいも小さく、マンコはパイパンという、典型的な女の子。しかし、子供な彼女には人にはいえない大人な秘密があった。縄で縛られることに対して快感を覚える少女の変態的な性癖が暴露される。

管理人レビュー

 年下の女の子といえば、自由気ままに遊ぶ姿を想像するものだが、今回紹介する女の子は世間一般で言うところの少女像とはあまりにもかけ離れた性癖を持っていた。というのも、現在調教を受けている少女は手首を男に縛られると、恍惚としたような表情を浮かべるのだ。そう、この見た目はただの子供な女の子には、縛られると感じるというM属性があったのだ。

普通、手首を拘束され、動けない状態のままおっぱいを触られたら嫌悪感を抱くだろう。しかし、この少女の場合、それは快感を得るためのただの儀式であり、力強く貧乳を揉まれれば切なそうな声を出して快感を噛みしめる。

一旦調教が始まってしまえば、男は少女の身体をどこまでも蹂躙する。狭い膣内に強引にチンポを挿入すれば、たとえMでも苦痛が走るだろう。しかし、男はその苦痛が少女にとっての悦びだと知っているので、どれほど嫌がってもピストンを止めることはない。

Mな少女にとってパイパンマンコを何度も犯されることは、ただのご褒美でしかないのだ。幼い顔をした少女が淫乱な表情を浮かべ、快感のあまりよがり狂ってしまった姿を見た時、最高の背徳感を味わえる。

★動画はこちら★ ※記事の場所を画像で補足


縛られて飼われるくらいが丁度良い。りな147cm つるつるパイパン

「飼う事になったから」男はそう言うと持っていた縄でカラダを縛りはじめる。全身をよじらせ激しく抵抗する「りな」。巻きついた縄は容赦なくカラダを締め付けていく。激しい愛撫と終わらないピストン。やがてワレメと縄のすき間から大量の愛液が…「早く次チョウダイ…」抵抗していたはずのカラダが次の肉棒を欲しがり始める。

※動画詳細:縛られて飼われるくらいが丁度良い。りな147cm つるつるパイパン