五十のくせに美しすぎる嫁の母親と一線を越えてしまった日

嫁の母 安野由美全身オイルまみれで挿入ハプニング全身オイルまみれで挿入ハプニング

50歳になるまで娘のために身体を張って懸命に生きてきた母親は、娘が嫁ぐことでようやく一安心。これで平和な毎日を過ごせるはずだった。しかし、嫁よりもエロくて美人なその母親に旦那の方が欲情。娘に内緒で旦那と不倫する美熟女。

管理人レビュー

 子供の幸せのためなら母親はどんなことでもするものだ。女手ひとつで娘を育ててきた母親は、娘に悪い男が寄り付きそうになれば、自分の身体を使って別れさせてきた。そんな苦労の甲斐もあってか、娘はようやく人の良さそうな旦那を見つけることができた。しかし、それが予想外の事態を招いてしまった。

人の良さそうな旦那は、本当に性格が良いらしく、娘のために人生を捧げてきた義母に同情してしまい、ムラムラとした感情を抱き始めてしまう。

なによりもこの義母。50歳を過ぎているのに未だ若々しく、あまりにもエロい美熟女だった。そんなムンムンとした魅力のある義母は、よく出来た嫁の息子に親子以上の想いを抱き、ついに義理の息子をおかずに自慰行為をしてしまった。

お互いの事を意識し始めた義理の息子と母親。やがて二人は一線を越えてしまい、肉欲に溺れてセックスしてしまった。娘の幸せのために頑張ってきた母親は結局自分の性欲を優先し、旦那を寝取る。淫靡な美熟女がもたらした不倫劇に最後まで目が離せない。

★動画はこちら★ ※中部少し上、プレイヤー画像をクリック(画像で補足 


★またはこちら★ ※中央の再生ボタンをクリックしてください


★またはこちら★


「娘・亜美の幸せの為なら」と女手一つで身を粉にして働き続けた母・由美。その甲斐あって良縁に恵まれ無事に嫁入りを迎える。幸せな亜美の姿に喜びをかみしめ日々を過ごすのだが、女としての欲望は心の底にまだくすぶっており…。娘の夫・博史を男として意識してしまったことで感じる昂ぶりはどうする事も出来ず、由美は自ら慰めることで何とか平静を保っていた。しかし、その痴態を博史本人に見られていたとは夢にも思わず…。